「ジーシェフM&A」 〜外食産業や流通業などの店舗や造作、事業や会社全体の売買をサポートします〜
 |  HOME | 会社概要 |  地図   |  お問合せ | 個人情報について | 
タイトル
 
M&Aの基礎知識
人気エリアで選ぶ
M&Aとは
日本のM&A市場
”三方よし”のM&A
事業の継承とM&A
飲食業のM&Aの特徴
   
人気エリアで選ぶ
売買価格の決定
検討の進め方
 
人気エリアで選ぶ
仲介役がなぜ必要か?
   
   
トップページへ
   
   

  資金調達の多様化についていっていますか?


資金調達の方法は多様化しています。状況に合った調達方法を選択する力が経営者に求められています。

金融機関(銀行)にも色々ある
・金利が高い/低い、財務状況(不良債権や自己資本の比率)が良い/悪い、貸付金額が多い/少ない、担保や連帯保証人がいる/いらない・・・金融機関の特徴を見極めたうえでアプローチすることが大切です。

公的制度・助成金などに敏感になる
・中小企業庁が毎年出している「中小企業施策利用ガイドブック」をご存知ですか?190ページにもわたって、支援策が掲載されています。緊急支援的なもの、雇用系の助成金、設備投資の支援など様々なタイプがありますので、トライする価値のある施策も見つかるかもしれません。

売掛債権や在庫を担保にする
・不動産担保にしないと貸さないという時代は終わろうとしています。金融機関は売掛債権や在庫など様々な資産を担保にして融資するようになってきました。

ソシャルレンディングの活用
・マネオに代表される、個人が個人と貸し借りする仕組みが整いつつあります。

エンジェル・関係者からの投資
・直接金融もより手軽になってきました。エンジェルと企業家が集まるイベントやサイトは多数あります。また関係者から少人数私募債を活用して、中長期資金を容易に集める事例も増えてきています。

資金調達に関する無料ご相談はこちら

Copyright (C) All rights Reserved by 株式会社ジーシェフ