「ジーシェフM&A」 〜外食産業や流通業などの店舗や造作、事業や会社全体の売買をサポートします〜
 |  HOME | 会社概要 |  地図   |  お問合せ | 個人情報について | 
タイトル
 
M&Aの基礎知識
人気エリアで選ぶ
M&Aとは
日本のM&A市場
”三方よし”のM&A
事業の継承とM&A
飲食業のM&Aの特徴
   
人気エリアで選ぶ
売買価格の決定
検討の進め方
 
人気エリアで選ぶ
仲介役がなぜ必要か?
   
   
トップページへ
   
   

  飲食業のM&Aの特徴


飲食業のM&A・事業の継承にはいくつかの特徴があります。

造作譲渡が盛ん
・M&Aというと企業や事業をそっくり譲渡するのが一般的です。飲食業でももちろんそのような形態も行われますが、もっと多いのが造作の譲渡です。店舗を出す側からすると、居抜きの物件を借り、造作譲渡料として通常200〜500万円/店程度を支払い、内装や厨房、机いすなどの権利を引き継ぐのです。この場合、運営を行うスタッフやレシピなどのソフト資産は付いてきません。

立地が価値を持つ
・飲食業は立地ビジネスです。一般的に駅近やショッピングセンター内、人通りや車通りが多い立地では、ビジネスが失敗す成功する確率が極端に高まります。M&Aの視点で言えば、立地がよければ、どのような業態であろうとも売却の可能性があるということです。

ライフサイクルが短い
・飲食業は、流行がありますし、景気の影響もうけます。雑誌に掲載されると売上は伸びますし、競合店が近くにできると客数が減ります。将来の見通しが立たない業種の一つといえるでしょう。M&Aの視点で言えば、企業の値段は「将来得られるであろう利益」であるという考え方からすると、飲食業の企業価値は低めにならざるを得ないと言えます

合従連衡の時代が始まった
・吉野家ホールディングス、コロワイド、ゼンショーなど様々な業態の飲食チェーンを傘下に持つ飲食コングロマリットが現れています。一から新業態を始めることは、時間もかかるし、立地も限られます。M&Aによる成長を志向する傾向は今後も益々強まることが予想されます。大手チェーンだけでなく、中堅中小企業にとっても、この傾向は加速するものと思われます。

Copyright (C) All rights Reserved by 株式会社ジーシェフ